Back on the street

山から街へ移動完了

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 登山  

カレー山

一昨日のカレー山。
雪が薄らと被っているように見えますが、標高1629mですから
実際には深い雪になっていると思われます。

IMGP0206.jpg


ここの本当の名前は戸谷峰。
【カレー山】と呼ぶようになったのは3ヶ月前の事です・・・



11月中旬。
前から一度登りたかったこの山に漸く登れることになりました。
狩猟シーズンが始まっていましたから、誤射されないよう明るい色の登山服で出かけました。
しかし、数台しか止めることのできない駐車場は空っぽでしたから、そんな心配は無用でした。


登山道はカラマツが黄金に輝き、金色の落ち葉を踏みしめて歩きます。
まさか、この風景がカレーのような色だから「カレー山」なんて思っていませんよね?
DSCF0789.jpg


DSCF0809.jpg


頂上まであと100mという地点まで登った時、カレーの匂いがしてきました。
同僚が「頂上で誰かがカレーを作っているんじゃない?」と言い、私が冗談で
「ジビエカレーだったらビックリするわ」と答えたりして、実際はどんなカレー
で、どんな人が作っているのか興味津々でした。

頂上直下30m程は急登で、粘土質なところに枯葉が堆積し、数日前に降った雨で
滑りやすくなっていましたが、カレーの匂いに後押しされ、頑張って登りました。




そしていよいよ頂上!
?????????
いやだ、誰もいないし、カレーの匂いも消えているではありませんか・・・
二人で顔を見合わせ、ちょっと寒くなりました。
DSCF0801.jpg


ここは鹿が多い山なのですけれど、よもやキツネかタヌキに化かされたとしか考えられず、
この山はうちの部屋からもよく見えるのですが、眺める度にあの日のカレーの匂いが蘇ります。
その度に夕食がカレーになりますから、ひょっとしたらハウスかグリコの陰謀か・・・などと
思ったりもします(ない)。



※予約投稿です


スポンサーサイト

Newer Entry灯台下暗し

Older Entry撫でたい頭

 

Comments
Edit
11月の《カレー山?》は黄金色に輝いて すばらしいですねぇ~!
ミステリーな匂いの謎は いつか明かされるんでしょうかね。
Edit黄金色!
なんと美しい!

色からの命名だと思い込んだよ。

なぬなぬ??かおり~???
何かの木のかれはのかおり?・・・ちがうか・・
Edit
森の住人様

こんにちは。

カラマツも紅葉がこんなに見事とは知りませんでした。
たまたまこの時期に登って正解でした。
匂いの謎はまた今年の同じ時期に確認ですね^^
ひょっとしたら、枯葉とか何かの木の香りかもしれませんしね~
Edit
この黄葉の木々は、カラ松?エゾ松?トド松?・・・それとも、おそ松ですか・・・((+_+))

黄葉は紅葉と比べて派手さは少ないと思いますが、しっくりと落ち着いていいものですね!(p_-)

二十歳の時に、初めて上高地に行ったのですが、そのときにこんな一面黄色のカラマツかな・・・黄葉でした。
今でも鮮明に記憶に残っています・・・(^・^)

Edit
torisan様

こんにちは。

そう!
何かの木の香りかもしれませんし、カツラの落ち葉から甘い香りがするように、
カレーの香りを発する枯葉があってもおかしくないかもしれませんね。
ここはとても良い山だと思います。
個人が所有している山なのですが、とにかく紅葉が美しかったです。
Edit
妖精ボージー様

こんにちは。

おそ松をスルースルわけにもいかず笑

http://www.youtube.com/watch?v=FW_cGqL24uU

上高地、梓川のカラマツ林の黄葉は見事だそうですね。
心の柔軟な若い頃の記憶というものはいつまでも色褪せない
のかもしれません。
海馬から大脳皮質への転写機能が優れているからでしょうか。

戸谷峰もそして鉢伏山も松本の東にある山ですが、
やはりカラマツの紅葉が美しい山です。
黄葉の時期は短く、なかなかジャストな頃合いが難しいと
思うのですが、上高地の黄葉はラッキーでしたね^^
上高地線での白い息を吐く少女とカラマツの金色、そして初雪の
思い出。歌ができそうな素敵な思い出だと思います。
Editこんばんは。
 名前にふさわしい?あざやかな黄色、カラマツやカエデの黄葉が見事です。
Edit
inkyo様

こんばんは。

ホント、名前に相応しい美しい色ですね。
金色の世界を歩く山登りは心身ともにリフレッシュ出来ました。
往復で3.5時間程ですから、丁度良い低山ハイクです。
一人だともっと写真を撮って時間がかかるのでしょうが、
さすがに熊とか鹿とか出る山は一人では無理ですね(笑)
撃たれても困りますし~
また今年も登る事が出来るといいなと思います^^
Edit
こんばんは、お邪魔します。
カレー山!びっくりですね。
てっきり山の景色の色合いかと思ったら本当に匂いがするとは。
不思議なこともあるもんですね。
Edit
ジャム様

こんばんは。

コメントを頂き、ありがとうございます。
・・・そうなのです。
確かにカレーの匂いがしたのですが・・・
個人的にはキツネかタヌキに化かされたと
真剣に思っています^^
ハウスとかグリコのセンはありえませんね。
秋にもう一度登ってみて、匂いがしなければイタズラキツネ
の仕業と思って間違いないでしょう!笑
Editこんばんは。
  言い得て妙、素晴らしいカレー色の
山ですね。 しかしカレーの匂いは安曇
野から風に乗ってきたなんてことありま
せんね。

  疲れを感じたとき、我が家はカレーに
します。 ^^
Edit
むかご様

おはようございます。

安曇野の全世帯がカレーを作ったら、戸谷峰までその匂いが
風に乗ってやってくると思われます^^
木とか堆積した枯葉が発酵した香りだったのかもしれません^^

疲れた時にカレーですか!
それは作る手間がかからなくて良いからか、
はたまた、カレーには何か疲労回復の栄養素が含まれていたり
するからでしょうか^^
Edit
戸谷峰
どこかなあ?と調べてみたら、三才山から入っていくんですね^^
ヤマレコ見ると、みんな結構急登と書いてあるコメントが多いんですが、急登なんですか?
カレーの匂いを嗅いで、華麗な紅葉を見て感動でしたね(笑)
ちなみにおいらは加齢かもしれません(汗)
こんなギャグを言ってるんですもんね^^
Editおはようございます♪
履歴から伺いました。

11月のカレー山、カラマツが、黄金色に輝き、
そして、落ち葉も・・・。
素晴しい景色ですね。
良い瞬間に出会えましたね。P!
Edit
サーフ様

こんばんは。

松本からですと三才山トンネルの左手前、野間沢橋の標識のところに
鉄製の階段があって、そこから登ります。
確かに、急登ではありますが、距離がそんなに長くないので平気です。
春のニリンソウは有名ですが、秋は狩猟シーズンなので紅葉はあまり
知られていないのかな、と思います。
ニリンソウの時期に登ってみられてはいかがでしょうか^^

オヤジギャグとは申しませんが、ツッコミどころ満載と言いますか、
何と言いますか・・・笑
個人的にはこのような流れはとてもウケます^^
加齢臭もカレーシューと表記すれば、あら不思議!!美味しそうですしね^^
Edit
梅サクラ様

こんばんは。
コメントを頂き、ありがとうございます。
そしてポチも感謝です。

この山の黄葉はあまり聞いたことがないのですが、
それもそのはず、丁度狩猟シーズンだからですね。
ちょっとヒヤヒヤしましたけれど、あまりの黄葉の美しさに
そんな事も忘れてしまいました。
タイムリーな黄葉の時期にたまたまお休みが一緒でしたので
素敵な黄葉に出会うことが出来ました。
梅サクラさんの京都旅行の写真もとても素敵でした^^
Editおはようございます。
 NHKBS岩合光昭の世界ネコ歩きhttp://www4.nhk.or.jp/nekoaruki/をよく観ますが、今日の階段上の猫、後ろ姿に哀愁が漂い秀逸です。
Edit
inkyo様

こんにちは。

ホームページを見ましたが、可愛い猫の写真がありました。
3月は色んな放送があるようですね。
残念ながら、うちにはテレビがないので見ることは出来ません;
外で猫を見るくらいですが、氷点下10℃前後の環境ですから、
野良ちゃんはどうしているのかと気になります。

階段上の猫は最初何かが落ちているのかと思いました。
よく見ると猫だったので思わず撮りましたが^^
哀愁が漂っていますか?
空を見上げて何思う しばれる寒さに今宵の宿想う
でしょうか。
Edit15.2.27でお散歩
赤岳・・・ですか?キャンプ場みたいなところをお写真ででぐるぐる歩いてみました。
こんな車とかの騒音のなかですごしててほとほといやんなってたところに、ふと見かけた奥深な風景。ありがとう。
Editなつ様
おはようございます。
写真は赤岳鉱泉から撮った『横岳』です。
2月の雪深い山道を歩いてやっと開けた風景です。
いつも日帰りで北アルプスを登山していたためか、
ちょっと膝を痛めてしまい、今は全く登っていません。
ストリートビューでお散歩していただいてありがとうございます。
夏山なので冬の景色はありませんね笑
グーグルの人も冬山は無理なのかなと思いました^^
Edit17.02.18え
いろんな山がありますよね?
自然の山、こころの山・・・。
自然の山をじ~っと見つめてるときが好き。
どんどんいっぱいな映像が映し出されてくるの。
遠くでみる山、その胸中に入ったときの山。
山わ、「畏怖」。とてもちっちゃなじぶんがどうのこうのと言える世界じゃないと思います。かなわないって思います。
そんなとき、じぶんのこまさが、ひとつの救いにさえなるんですよ^^。
ちょっとでもいいからかかわることっていいですよね?

Editなつ様
障碍、人生における苦難のつもりで山を例えてみました。
越えられないと超える前から諦める困難な事案に出会うと、
人はただ途方に暮れるのだけで、乗り越える気力すら湧かないこともあると。

人は皆小さくて愚かな生き物だと思います。

Edit17.02.18の梅について
我を忘れた・・・
そんな感じでした。
驚きに似た感動です。
めっちゃきれい・・・。すごいですね!

あんまりコメントすれば、ご迷惑かな?
なんて気にしながら・・・でも、ひとこと言っておかないとって思ったから。

Editなつ様
きれいと言って頂いてありがとうございます。
激務過ぎてお返事が遅くなることもありすみません。
写真は全く自信がありません。
褒めて頂くこともないのでちょっと戸惑いますが、ありがとうございます。


Edit管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。