Back on the street

山から街へ移動完了

Sort by 04 2015

Category: *花*花*  

ニリンソウ







谷筋で


可憐に咲く


ニリンソウ


秋しか知らなかった山の


こんなにキュートな春の顔







IMGP2311.jpg



















IMGP2301.jpg












スポンサーサイト
Category: 街・町・まち  

町の風景2





カメラを持って自分の町を歩く


知らない風景も


知ってる風景も


季節や時間で表情が違う








町づくり相談ビル
IMGP2218.jpg











レトロ風市営住宅です。カッコイイ。
IMGP2222.jpg











鯉のぼりが泳いでる♪
IMGP2249.jpg



山もいいけど、たまには町もイイ。







Category: 街・町・まち  

町の風景





おいしい


おいしい


酒蔵さん




IMGP2210.jpg






お水もとっても


おいしいの


IMGP2212.jpg




わたしの町の

酒蔵さん♪


















Category: 登山  

今日の富士山




今日の富士山


今日しか知らないけれど


霞というフィルターがかかっているけれど


やっぱり


富士は日本一の山


あなたを見ていると


心が晴れる





IMGP2168.jpg




今日、日帰りで富士山の見える大菩薩峠へ。
連日の晴天で霞がかかった富士山ですが、唐松尾根では背中を押してもらい、
稜線では並んで歩いてくれて、一人だったけれど一人じゃない楽しい山登りでした♪










Category: 登山  

ベンチ






足をぶらぶらさせて


あの子が山を見ている


細い足が


リズミカルに揺れる


風も揺れる


木々の葉も揺れる


揺れないのは


僕の心


キミへの思いは


揺るがない





ベンチ





写真の場所(バリカーの向こう10mの所)


Category: 登山  

ココニイル








此処にいるのは


キミと


ボクだけ


遠く離れていても


遮るものは



何もない






雲海










Category: その他  

いとろうたし






ちろちろと流れゆく春の水
春の水











朝の光を待ちわびた小さき紫花
IMGP2079.jpg













桜池にこきひの差し色流線型
金魚














桜色に負けじと光る蜘蛛の糸
IMGP2038.jpg














雪の根元で春を待ちわびていた苔のヒゲ
苔







自然の中にあるすべての小さきもの  いとろうたし













Category: その他  

タラレバは不味い




あの時こうしていたら


もっと努力すれば世界は違っていたんだ


この道を選ばなかったら


あの時あんな言葉を吐かなかったら



・・・・・・


melancholyに陥るから


よしなさい


タラレバは不味いもの


わざわざ食さなくてもいい


元から道はひとつだったのだ


真っ直ぐでも


くねくね曲がっていても


少なくとも


こちらの世界では


道はひとつなのだ



道





※コメント欄を開けました。ご意見やご用事のある方はこちらへお願いします♪










Category: *花*花*  

満開!



毎年同じ場所で撮る桜


今年も満開


いつも変わらず咲く桜


写真の腕も


満開万回撮っても


いつも変わらず(´;ω;`)



IMG_6732.jpg



















ピントはどこかでかくれんぼ
IMGP2127.jpg








Category: 登山  

昨日の出来事



久しぶりの良いお天気に丁度お休み。
ここは山に行くしかありません。
近くの光城山へ桜状況を調査がてら登りました。
登り始めの桜は咲いていました。


IMGP2072.jpg










ですが、頂上あたりのさくらはまだ蕾です。

IMGP2092.jpg




「この感じだと来週かな」と思いながらお隣の長峰山へ向かいました。
舗装道路に出た途端、林の開けたところからすごい勢いでドーベルマンが10数匹こちらに向かってきました。
「えっ?誰がこんなところで犬を走らせてるんだ?」
・・・それが鹿だと気づくまでの僅か数秒の後、鹿の群れは眼前を猛スピードで横断していきました。
そのスピードたるや、『怒涛の如く』でした。
跳躍力もすごいし。
あと数秒早く歩いていたら私と鹿の群れは衝突していたでしょう。







12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >