Back on the street

山から街へ移動完了

Sort by 07 2014

Category: ねこにゃん  

光と影


光は白で反射する

影は白を吸収する

眩しい白と

グレーな白

夏の朝

光と影が

白猫の上で

戯れている


IMGP1547.jpg







スポンサーサイト
Category: ねこにゃん  

フルーツ通りのかわいこちゃん

フルーツ通りで出会った可愛いミケ猫ちゃん



おすまし顔
IMGP1513.jpg




おいおいw
口が裂けるよ~
IMGP1514.jpg





顔こわい
IMGP1515.jpg






え~っと、身長は78センチですね。
あ、先月より2センチ伸びてますよ。
IMGP1517.jpg






茫然自失
・・・アタチの身長を勝手に測るなんて・・・
IMGP1516.jpg


昨日は200枚近く写真を撮ったのに、ほとんど失敗。
まともに撮れたのはこの猫ちゃんくらいでした凹
しかし、とても楽しい一日でした!





Category: 登山  

蓼科山登山

薄曇りの中、今日は蓼科山に登りました。

蓼科山にはいくつかのコースがありますが、初心者向きの『7合目からコース』です。

ガレザレが続くコースで見晴らしが効かないのですが、今日は中学生の学校登山が

2校ありました。


IMGP1358.jpg




とにかく石がゴロゴロの登山道ですから、まあこうして積み上げてみますよね。
IMGP1363.jpg



朽ちた木の根っこが岩に張り付いています。
IMGP1353.jpg



曇り空どころか、頂上は一面のガスで展望はゼロ・・・
IMGP1344.jpg



この画像は昨年北横岳から撮った蓼科山です。
やはり頂上付近はガスっていますね。
IMG_8013.jpg




最近お天気に恵まれません。
山の神様、どうか次は晴れでお願いします☆彡





Category: 裏山  

オオムラサキの襲撃

いつものように裏山をブラブラ歩いていましたら、地面の草の影に何やらたくさんの蝶が。
動物の排泄物に群がっています。
ざっと数えただけでも7匹はいたでしょうか。
その羽を閉じていたので何の蝶かはわかりませんでした。
カメラを近づけてシャッターを切ったその瞬間!
じっとしていた蝶たちが一斉に私の方へ向かって飛びかかってきました。
あまりにも急な予想しない出来事に
「うわぁぁぁぁぁぁぁ~~~~あ”ーーーーーーっっ!!!!」と声をあげて
尻もちをついて叫んでしまいました;

IMGP1335.jpg


そのままザ~っと何処かへ飛んで行きましたが、1匹だけが近くの枝に止まりました。
驚きのまま撮ったのでピントが外れていますが『オオムラサキ』のようです。
止まった枝は『コムラサキ』だと思います。
IMGP1339.jpg


蝶は好きですし、羽化させたこともありますが、いきなりの襲撃は勘弁して下さ~い。



Category: 裏山  

キミたちの夏

私が夏の旅人なら

「あら可愛い」

それだけの存在だったろうキミたちも

厳しい冬の凍みる寒さを

身をもって

体験した今

思うこと

土の中もカチンコチンに凍る冬を

よく

耐え抜いたね

やっと

キミたちの夏が始まった

一瞬の夏を精一杯生きて

その命を輝かせてほしい

IMGP1325.jpg




IMGP1318.jpg



愛すべき裏山のキミたちへ




Category: 登山  

行程

先々週の行程ですが、
新穂高~左俣林道~わさび平~(小池新道)~鏡池~弓折乗越~双六小屋~樅沢岳(2755m)
でした。



左俣林道ではヤグルマソウがたくさん咲いていました。
IMGP1230.jpg


IMGP1234.jpg




ギンリョウソウも。
IMGP1240.jpg





目覚めたばかりのイボガエル?はまだしっかりと目覚めていないのか、動きが緩慢です。
カメラを近づけても微動だにしません。

IMGP1238.jpg




標高の低い秩父沢でも7月だというのにまだこんなに残雪があり、登山道も見えません。
IMGP1243.jpg



ミネザクラを見ても
IMGP1294.jpg



イワウメが視野に入っても
IMGP1263.jpg



とにかく前だけを見て歩かないと、写真を撮ったりなんかしていると、そこで息が途絶えそうでした~
それもそのはず、
同行の方から頂いた画像ですが、こんなに歩いていたのですから。
黒い線を引いてくれていますが、そのルートです;

!cid_02C1953F-DDB6-4DDC-934D-D3D4D7403B45.jpg









Category: 登山  

入笠山




Down by the salley gardens my love and I did meet;
She passed the salley gardens with little snow-white feet.
She bid me take love easy, as the leaves grow on the tree;
But I, being young and foolish, with her did not agree.











IMG_8084.jpg










IMG_8071.jpg










IMG_8102.jpg










IMG_8104.jpg










IMG_8116.jpg










In a field by the river my love and I did stand,
And on my leaning shoulder she laid her snow-white hand.
She bid me take life easy, as the grass grows on the weirs;
But I was young and foolish, and now I am full of tears.











IMG_8163.jpg










IMG_8098.jpg










IMG_8078.jpg










IMG_8115.jpg










IMG_8132.jpg










IMG_8150.jpg













Category: *花*花*  

逆境に咲く花

冬の厳しい環境

氷点下20℃を超える気温と

猛烈な吹雪や降雪

その雪の下で

夏を待つ高山植物

逆境に耐えてこそ

可憐に美しく咲く花々

IMGP1287.jpg



IMGP1293.jpg



IMGP1288.jpg



IMGP1265.jpg



まだ残雪の多い裏銀座もこれから本格的な登山シーズン。

お花畑と青い空と澄んだ空気があなたを呼んでいます^^



Category: 登山  

すてきな人

IMG_8197.jpg






寂しい時は山にいだかれ


悲しいときは空を見上げ


どんなに辛くても


決して涙は見せないで


強く


もっと強くあろうとする




IMGP1261.jpg



弱音を吐かず



誰かを羨ましがらず



誰に対しても笑顔ではあるけれど



自分の意思を貫き



妥協はしない



自分を律して生きてゆく



その生き方が



淡々と登る後ろ姿に



にじみでている














IMG_8269.jpg








そんなすてきな人に


小さな花を贈ります


感謝を込めて






IMGP1269.jpg



男女の別なく



自分の道を貫くというのは



すてきなこと



だって



人生は



たった一度っきりなのですから














Category: 登山  

雲に乗って

雲のベルトコンベアに乗って

裏銀座ルートをスイスイと

西鎌尾根を歩く人を下に見て

槍ヶ岳まで行きたい?

IMGP1275.jpg


私はやっぱり歩いて行きたい。
足元に咲く可憐な花や山の甘い香りに包まれて。








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >