Back on the street

山から街へ移動完了

Sort by 04 2014

Category: 裏山  

透光

朝の光が葉っぱを通過する

浮かび上がった葉脈は

まるで私たちの静脈

今まさしく光合成の始まりの朝

光と水とcO2の三重奏で

ブドウ糖とO2が生まれる

自ら成長し

そして呼吸するための

大切な光合成

理に適った自然の摂理

小さな世界の

巧みな仕組み

私たちも植物も

同じように

今を生きているんだ

IMGP0588.jpg


1週間前の梅の花
裏山にはまだ梅の花も咲いていました。



スポンサーサイト
Category: *花*花*  

桜花 終焉



寂しさと

安堵と

期待と

すべてを込めて

さよなら

さくら



IMG_9015.jpg



IMGP0551.jpg




IMGP0609.jpg


4/23の桜です。



Category: *花*花*  

Shine like a pearl


パールのようなしっとりとした輝きを放つイカリソウ。

ピンクの方は山道に自生しており、白いのは植栽されたものです。

花言葉の『人生の再出発』に相応しい、落ち着きを感じる輝き。

春の山野草の中にあって、一段と華やかな装いの花です。

IMGP0629.jpg



IMGP0662.jpg



Category: 裏山  

つくしんぼう

もうすぐ5月のつくしんぼう

つくしんぼう

つくしんぼう

誰かを待ってる

つくしんぼう

待ち人は

ほらそこに

緑のスギナが

顔を出し

待たせてごめんって

言ってるよ

IMGP0616.jpg





Category: 街・町・まち  

夜の帳に浮かぶ城


桜の季節

人・人・人の松本城

しかし

賑わいをよそに

悠然と浮かぶ夜の城

歴史に息づく

この空間

城郭内から

多次元を超えてきた

武者の声がする

夜の城






※予約投稿です。



Category: ねこにゃん  

猫と魚

やっと沖から船が帰って来て

漸く朝ごはん

さて

どこから食べようか

・・って頭しかないけどw

でもここが一番美味しいんだよね

漁師さん

今日もありがとう

IMG_9005.jpg



Category: *花*花*  

野山で花写真



咲き乱れていたアズマイチゲはもう花後の姿だったけれど
IMGP0569.jpg



代わりにヤマエンゴサクが山道を彩り
ヤマエンゴサク



発芽してまだ幼いイカリソウの可憐な蕾が足元でおじぎして
IMGP0576.jpg



レンプクソウの小ささに四苦八苦しながら
IMGP0575.jpg




野山で花写真
キバナノアマナ




Category: *花*花*  

キバナノアマナとキジムシロ

春の黄色

秋の黄色と

似て非なる

柔らかな

花の色

アズマイチゲの葉っぱの間から

「こんにちは」と

キバナノアマナ

IMGP0395.jpg





キジムシロも

示し合わせたかのように

咲き出した

IMGP0441.jpg


黄色と黄色

特別な

通信手段が

あるのかな?





Category: 裏山  

落ち葉は自然のスクリーン 春ver

春夏秋冬

いつの季節にも

裏山のそこここに

落ち葉が横たわる

ここは

裏山通り3丁目の 

影絵シアター

緑の葉っぱが顔を覗かせる春

その姿をスクリーンに描き出す

入館無料の

小さな劇場

あなたも一度

足を運んでみて下さい

館主は月夜だけ働く

タヌキです

IMGP0423.jpg


Category: 街・町・まち  

桜の夜



夜の桜の向こうに

いつか見た光景が蘇った

桜を見たいという希望も叶わず

逝ったひと

そのやせ細った体のどこに

そんな力があるのだろう

枕元の

ショウトウダイを引き倒し

叫び

苦痛で顔を歪めた

その尋常でない力

痛みは

人格や常識を破壊するのだと

感じた夜


この世から消え去ることに恐怖は感じない

何が怖いかと言って

それは

死ぬほどの苦しみ

死ぬほどの痛み

死ぬほどの絶望感

それらで

雁字搦めになるだろうことが

一番の恐怖なのだ


ひょっとして

間際の苦しみは

他者への悪感情という小石が

自分の投げたその小石が

どこか遠くの異次元で積み重ねられ

帳尻合わせされた結果なのか

あの日の光景に思考が歪曲する桜の夜

小石の粒を造らないようにと想うのは

スポットライトの当たらない

暗い闇から

小石の触れ合う音がするからだ


IMGP0502.jpg







12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >