Back on the street

山から街へ移動完了

Sort by 02 2014

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 動物  

灯台下暗し

裏山を歩いていましたら、急に足元に鳥が飛び降りてきました。
何かをキョロキョロと探しているようです。
口に銜えていた実を落としたようで、それを探しているのですね。

ほらそこ、そこに落っことしているじゃない

「えっ?どこどこ?」

そこだよ、足元にオレンジ色の実が落ちているよ。

「足元って誰の?」

あなたの足元に決まっているじゃない。

キョロキョロして、結局見つけられず、そしてカメラの音に驚いて飛んで行ってしまいました。

雪の中、大事な実だったでしょうに、驚かしてごめんね;

IMG_0201.jpg




スポンサーサイト
Category: 登山  

カレー山

一昨日のカレー山。
雪が薄らと被っているように見えますが、標高1629mですから
実際には深い雪になっていると思われます。

IMGP0206.jpg


ここの本当の名前は戸谷峰。
【カレー山】と呼ぶようになったのは3ヶ月前の事です・・・



11月中旬。
前から一度登りたかったこの山に漸く登れることになりました。
狩猟シーズンが始まっていましたから、誤射されないよう明るい色の登山服で出かけました。
しかし、数台しか止めることのできない駐車場は空っぽでしたから、そんな心配は無用でした。


登山道はカラマツが黄金に輝き、金色の落ち葉を踏みしめて歩きます。
まさか、この風景がカレーのような色だから「カレー山」なんて思っていませんよね?
DSCF0789.jpg


DSCF0809.jpg


頂上まであと100mという地点まで登った時、カレーの匂いがしてきました。
同僚が「頂上で誰かがカレーを作っているんじゃない?」と言い、私が冗談で
「ジビエカレーだったらビックリするわ」と答えたりして、実際はどんなカレー
で、どんな人が作っているのか興味津々でした。

頂上直下30m程は急登で、粘土質なところに枯葉が堆積し、数日前に降った雨で
滑りやすくなっていましたが、カレーの匂いに後押しされ、頑張って登りました。




そしていよいよ頂上!
?????????
いやだ、誰もいないし、カレーの匂いも消えているではありませんか・・・
二人で顔を見合わせ、ちょっと寒くなりました。
DSCF0801.jpg


ここは鹿が多い山なのですけれど、よもやキツネかタヌキに化かされたとしか考えられず、
この山はうちの部屋からもよく見えるのですが、眺める度にあの日のカレーの匂いが蘇ります。
その度に夕食がカレーになりますから、ひょっとしたらハウスかグリコの陰謀か・・・などと
思ったりもします(ない)。



※予約投稿です



Category: 動物  

撫でたい頭

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Category: 裏山  

儚い芸術

自然が造った芸術作品

融雪の途

零度で始まる

氷の芸術

太陽の熱で儚く消えて

いくけれど

そのきらきら輝く様子もまた美しい


美しさは儚さ

儚く消えるから

美しさが際立つのかもしれない


IMG_0197.jpg


IMG_0213.jpg


IMG_0184.jpg




Category: 裏山  

雪しかない

昨朝よりインターネットに接続出来ず、今日見てもらったら屋根の雪で
断線した模様です。
何だかよくは分かりませんが、雪が溶けたら工事をするそうで、
それまではテレビのアンテナを代用してなんとか接続している
状況です。

今日は久しぶりに裏山へ
エラい事になっていました。
IMG_0187.jpg

こんなに積もっていたとは・・・


こちらは少し標高の低いところです。
青空が眩しい。
IMG_0183.jpg


これからしばらくの間、全国的に穏やかな天候が続くそうです。
除雪作業が捗ることを期待しています。


Category: その他  

太陽の力

今日も1日頑張って

雪を融かしてくれた太陽が

夕日となって

西の空に沈みゆく

屋根の雪

道路に高く積まれた雪

少しづつではあるけれど

融かしてくれる

陽の光

また明日も

よろしくお願いします

それでは

今日の日はいったん

さようなら

今日の夕日





Category: 裏山  

表裏一体

雪はただ美しいものだと

そう思っていた

確かに

雪の風景は

美しい

反面

一度牙を剥くと

吹雪

雪崩

交通網の麻痺

人々の生活を脅かす

存在となる

いつも自然の恵みに感謝し

時代が進化しても

自然を畏怖する気持ちを忘れずに



雪の風景を見て

そう

思うようになった



IMG_5631.jpg



IMG_5644.jpg



IMG_5630.jpg



※予約投稿です






Category: 裏山  

雪後の青空

雪化粧の木立の間から

広がる青空が眩しい

白は青を輝かせ

青は白を包み込む

雪後の風景は

鎮静と

無限を

私たちに与えてくれる


IMG_5471.jpg


IMG_5507.jpg



IMG_5469.jpg



IMG_5466.jpg




なんてことを思ったのも束の間、今日はまた暗い空から雪が降り続いています。
今日、明日でどれくらい積もるのでしょうか・・・




Category: 動物  

小鳥ちゃん

雪の上で

じっと動かず

キョロキョロと

挙動不審な

小鳥ちゃん

もしかして・・・

ピッピッかな?

そうだとしたら

覗き見しちゃって

ごめん

ごめん

IMG_0173.jpg




Category: 裏山  

White plains

薄らと雲がかかっているけれど

この白い平野を眺めたくて
IMG_0156.jpg


山道を

ラッセルした跡でも

足が取られる

道をゆく
IMG_0158.jpg



左側は急な斜面

ふざけていると

そのまま下まで

真っ逆さま

雪だるま方式で

転がり落ちる

IMGP0153.jpg




1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。